うつ病

ストレス社会と言われる現代社会においては、多くの人が精神面の病気に悩まされています。
特にうつ病は生命にも関わる場合がある重篤な病気であるに関わらず、本質的に理解されていないと言えます。
当サイトではうつ病はどのような原因で起こり、症状をもたらすのかなどを解説していきます。

うつ病チェック

うつ病チェック
鬱病(うつ病)の疑いがあると思ったらチェックしてみましょう。
全12項目ですので、5分程度で出来ます!

会社・上司の対応方法

会社・上司の対応方法
「鬱病(うつ病)で会社に行けない……」ときの対応や上司への連絡などについて。

うつ病に悩む人と家族のために〜鬱病治療のサポートガイドライン

病気と言うものは、肉体だけでなく精神にも発症するものです。精神面での病気の代表格と言えるのがうつ病です。

どんなに健康な人でも思い悩むことの一つや二つは抱えているものですが、悩みが過ぎると病気の原因になってしまうのです。では、うつ病とはどのような心の病気なのでしょうか。

気持ちが深く沈み込む

うつ病の代表的な症状としては、「気持ちが沈む」という事がいえます。若者言葉で言えば「テンションサゲサゲ」という所です。

気持ちが盛り上がっている時は多少の失敗も気にならず目的に向かって邁進できるものです。

しかし、気持ちが沈みこんでしまうと何をするにも腰が引けて、一度の失敗で自分を全否定してしまうほどに後ろ向きになってしまいます。このような状態では何をしても上手くいかないように感じられてしまい、さらに落ち込んでしまうのです。

他人から見てわかりにくい

鬱病も病気の一つなので、根気良く治療に専念すれば快癒する可能性は非常に高いものです。

しかし、うつ病は病態への無理解が大きい病気の一つともいえるため社会生活を送っている上で完治まで辿り着けない患者さんも少なくありません。

場合によっては周囲に治療を強制的に中断されて症状を悪化させてしまうこともあるのです。鬱病の治療には、偏見を振り払う周囲の理解と完治までの惜しみない協力が必要不可欠なのです。

自称される「鬱病」

鬱病は専門医の診察を受けない限り、明確に病態を掴めない厄介な病気と言えます。

そのため、病人を装うにはもってこいの病気とも言えます。このように鬱病を自称している人は若い女性に多く見られ、病気を盾にした傍若無人な振る舞いで本来のうつ病患者が肩身の狭い思いをするケースも少なくないようです。

ひどい時には患者に処方された鬱病の治療薬を自称者が奪い取るケースさえあり、こういった自称うつ病患者がうつ病そのものへの偏見を深めているとさえ言い切っても過言ではないでしょう。