ストレス/発散方法

ストレスとは環境や対人関係など自分を取り巻く周囲から与えられる負荷です。ストレスを受ける量が多くなれば欝をはじめとする病気によって心身を疲弊させてしまいます。
そうならない為にも、自分にあったストレスの発散方法を模索することは重要です。うつ病に効くストレスの発散法を紹介していきます。

うつ病予防の為のストレス発散方法とは?

うつ病の発症にかかわっているストレスは、日常生活をしているうちに自然に溜め込まれていくものです。少量のストレスは生活にメリハリを生み出してくれますが、多量のストレスは精神面だけでなく肉体面にも影響を及ぼしてしまいます。私たちはどのようにして、ストレスと上手に付き合うべきなのでしょうか。

ストレスの適度な発散の大事さ

ストレスは、一度に感じる量が少なくても徐々に蓄積されていきます。

そのため気付かない内にストレスは溜め込まれ、我慢の許容量を突破しうつ病などの心身の不調を引き起こしてしまうのです。

だからこそ、適度なタイミングでガス抜きをしてストレスの飽和を防ぐようにしなければなりません。ストレスは目に見えないからこそ、病気として結実する前に手を打つ必要があるのです。

うつ病以外に起こりうる病気

ストレスはうつ病以外にも様々な病気の原因となります、身体の代謝を制御する自律神経に異常をきたす自律神経失調症や、緊張で腹痛を引き起こす過敏性大腸症候群の原因になります。またストレスで免疫機能が低下して口唇ヘルペスや帯状疱疹などを引き起こす恐れもあるのです。

ストレスを発散するための方法を知る

ストレスには感情や気持ちの変化で増大または軽減される性質があります。つまり、ストレスを軽減するように気持ちを持っていく行動を行なえばストレスの総量は減少するはずです。どのような行動がストレスの発散に効果的なのでしょうか。

リラックスする

深呼吸や簡単なストレッチなどによるリラックスは、ストレス発散の基本となる行動です。気分転換は、悩みを抱えて考えが煮詰った時などストレスが溜まる一方の状況の打開に効果的です。

また、リラックスした状態は脳が程よく脱力した状態になる為ストレスを解消するのにちょうど良いのです。

運動する

運動は好き嫌いの個人差が激しい分野ですが、ストレス解消の定番であると言えます。運動中はストレスの元になっていることを考える必要がないからです。

ストレスの発散の為の運動は、試合などの競技ではなくバッティングセンターやゴルフの打ちっぱなしのような反復練習のようなものが好ましいでしょう。

また、運動はストレスを大幅に発散させてくれる満足感や達成感を得やすいのです。

笑う

笑うことは身体の免疫に関わるナチュラルキラー細胞を活性化させガンの予防効果があるといわれていますが、ストレス解消にも効果を発揮します。

落語やコントなどの「お笑い」は、世の中の喧騒も忘れて笑えることに価値があります。笑うことでリラックス効果のある脳内物質が分泌され、ストレスを発散してくれるのです。

好きなことをする

自分の好きなことは、何時間没頭していても苦にはならないしむしろ楽しさを感じるものです。

逆に、いやなことや周囲から強制されることは短時間でも辛くストレスの元になります。休日などに没頭できる趣味がある人はうつ病になりにくいので、何か一つくらいは趣味を身に付けておくと良いでしょう。