リラックス

「癒し」や「リラックス」という言葉が持て囃されるようになって相当経ちますが、実際に癒しを感じたりリラックスできたりした人はあまり多くないのではないでしょうか。 どのようにしてリラックスすれば良いのか、どのような方法が癒し効果があるのかなどを解説していきます。

鬱を寄せ付けないためのリラックスとは?

うつ病の発症原因となるストレスを緩和・解消するにはリラックスや癒し効果のあるものの使用が効果的といわれています。

しかし、「リラックス」や「癒し」がどのようなものであるのか、正確に把握していると胸を張っていえるは少ないと言えます。では、リラックスや癒しはどのようにストレス解消に効果があるのでしょうか?

本来の意味

リラックスは、国語辞書では緊張の対義語で「体がほぐれた状態」であるとされています。

つまり、リラックスとは完全な脱力ではなく無駄な力が掛かっていない自然体の状態を表した言葉なのです。

一方、「癒し」という言葉はスピリチュアル的な意味合いの強い言葉で、「神秘的な力で心身を回復させる現象」のような意味合いがあります。日本では90年代後半からの癒しブームで、「心の疲れなどを忘れさせてくれるもの」に対して使われる言葉となっています。

リラックス・癒しの難しさ

リラックスはストレスの解消に繋がりますが、確実に効果が出るように行うのは意外と難しいものです。座禅で心を無にすることに意識しすぎて雑念が湧くのと同じように、「リラックスする」ことを意識しすぎて逆に緊張してしまい、ストレスの解消どころかストレスの蓄積を助長してしまうのです。

癒しにしても、音楽や人物などその範囲は多岐にわたっています。しかしその分だけ個人の趣向が入りやすく、「癒し系」といわれていても人によっては癒しを感じないケースも少なくないのです。

鬱に効くリラックスと癒しのやり方

テキスト・クラス(text_h3under)テキスト・クラス(text_h3under)テキスト・クラス(text_h3under)テキスト・クラス(text_h3under)。

リラックスを適切に行うことが出来れば、ストレスを軽減・解消できうつ病の発症を予防することに繋がります。癒し系アイテムなどを組み合わせればリラックス効果は倍増します。どのようなやり方を心がければ効果的なリラックスが出来るのでしょうか。

楽な姿勢をとる

リラックスで大事なのは身体が緊張しない状態を作ることです。身体の疲れは精神面の疲労につながり、ストレスの解消を阻害してしまいます。

だからこそ身体が疲れない楽な姿勢を取ることが大事なのです。基本的には背もたれが丈夫で足を伸ばしやすい構造の椅子が良いでしょう。自分にとって「疲れにくい姿勢」を取ることがリラックスの第一歩です。

ゆったりとした環境づくり

リラックスのためには、自分にとって落ち着く環境を作ることが肝心です。リズムがゆっくりとした音楽やお香などの自分にあった癒し系のアイテムにリラックスをサポートさせるのです。自分の好きな音楽や匂いと言うものは、緊張しにくいものなので楽にリラックスできるのです。

深呼吸する

深呼吸を繰り返すことは、最も簡単なリラックス法です。呼吸を長く深く行うと、自律神経の副交感神経が働いて、リラックスに適した程よい脱力状態に導いてくれるのです。

深呼吸は特別な道具も場所も必要なく行えるので休憩時間を利用して行いましょう。深呼吸をするときは、息を吸いながらお腹を膨らませ息を吐きながら引っ込ませる腹式呼吸を行なうと効果がアップします。

お風呂につかる

お風呂にゆっくり入ることで、高いリラックス効果を得られます。温泉への入浴はリラックス効果も高いのですが、時間的・金銭的に無理であれば銭湯や健康センター、自宅のお風呂でも構いません。

ぬるめの温度で長湯したり、身体を冷ましながら湯船に出入りしたりと工夫してリラックスした入浴を楽しみましょう。