うつ病/食事

全角150文字程度・枠内で改行して調整。全角150文字程度・枠内で改行して調整。全角150文字程度・枠内で改行して調整。全角150文字程度・枠内で改行して調整。全角150文字程度・枠内で改行して調整。全角150文字程度・枠内で改行して調整。全角150文字程度・枠内で改行して調整。全角150文字程度・枠内で改行して調整。

食生活改善でうつ病を予防しよう!

毎日の食事には、身体を作り維持する役割と食べることを楽しむ役割があるといえます。自分の好物が出れば誰でも嬉しいものですし、美味しい食事を味わうことはストレス解消にも繋がります。つまり、食事を上手に行うことはうつ病の予防にも繋がっているのです。

食事を楽しむということ

食事は生きていく上で必要不可欠なものであると同時に、生活における楽しみそのものであるといえます。

必要な栄養を取るだけならサプリメントでも充分ですが、歯ごたえや味わいといった感覚は食事でなければ得られません。

それに、同じ食材でも味付けや調理で大きく変化する見た目や味を楽しむことも食事の醍醐味であると言えます。

食事のバランスを考えること

食事は自分たちが好きな料理だけを並べればよいと言うわけにはいきません。食品や栄養のバランスを考えたメニューを準備する必要があります。肉を食べたら野菜を必ず取るというように、一部の栄養素の摂取量が突出し過ぎないよう心がけなければならないものです。

食品のバランスを考えることは彩りなどの料理の見た目にも影響を与え、食欲の増減にも関係してきます。

それに、幾ら好きな食べ物でも毎日毎食続けば飽きてきて見るのも嫌になるものです。そういった意味でも、食事のバランスを考えることは大事なのです。

うつ病に勝つための食事とは?

医食同源と言うように、食事は健康と密接な関係を持っています。高脂肪・高カロリーな食事が肥満や生活習慣病を誘発するように、適正なバランスを考えない食事は健康を阻害してしまいます。では、うつ病を予防する為の食事とはどのような物なのでしょうか?

野菜・魚の摂取がリスクを減らす?

最近の研究で、食卓の豊かさはうつ病の発症リスクの低下に大きな役目を果たすことが判明し注目を浴びています。

統計的に見て野菜や果物、魚を多く食べている人ほどうつ病になりにくく、加工食品やお菓子などの甘いもの・揚げ物などの食品ばかりを食べる人がうつ病になりやすいというのです。

食品ごとのリスクの変化

野菜や魚を食べている人がうつ病になりにくいのは、魚に含まれるDHAなどの不飽和脂肪酸が脳神経の働きを助けることや、セロトニンの合成に関わるビタミンを豊富に摂取していること、低脂肪・低炭水化物の食事がうつ病の改善に効果があることなどのうつ病リスクが低下する要因を抑えていることが理由としていえます。

逆に高脂肪・高炭水化物の食生活は、うつ病リスクを増加させてしまいます。つまり揚げ物や甘いものが多いコンビニ・ファーストフードの利用が増加していることが、うつ病の増加に何らかの影響を与えている可能性は高いと言えます。

鬱に効く食品

うつ病を予防・改善する為には、精神の安定に関わる葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12を豊富に含む食品を摂取することが重要です。

葉酸の摂取に適した食品としては、ブロッコリーやほうれん草、アスパラガスなどの野菜や大豆などが挙げられます。

ビタミンB6・ビタミンB12は鰯や秋刀魚などの青魚に豊富に含まれており、良質のタンパク質とDHAなどの血流改善に効果がある不飽和脂肪酸を同時に摂取できます。