うつ病/病院/治療

うつ病を患ったならば、なるべく早いうちに病院で診察を受ける必要があります。しかし、うつ病などの心の病は他の病気に比べて発症することが少ないため、どの科のお医者さんに診てもらえば良いのかなどわからない事だらけといえます。
ここではうつ病治療の為の病院について解説していきます。

うつ病に対する病院での治療

うつ病は放置していると取り返しの付かない結末を迎えてしまうこともある心の病です。出来るだけ早く治療に踏み切って社会復帰を目指すのが良いのですが、なかなかそうもいかないようです。病院でのうつ病の治療はどのようにして行われているのでしょうか。

通院に二の足を踏む理由

うつ病が現代病となりつつある現在、病院で治療を受けているうつ病患者の数は増加の一途を辿っているといえます。

しかし、治療を受けている患者の数と実際の患者数に比べると大きな隔たりがあります。

これは、「心の病で病院に通うこと」そのものに偏見を持つ人が居ることが原因の一つになっていると言えます。病気への無理解だけでなく、患者の名誉を傷つけるような流言を流布する人さえ居ます。

つまり、「周りにバレないように治療できる病院がない」ということが鬱病の通院治療に踏み切れない理由となっているのです。

それでも通院を勧める理由

うつ病の治療で病院に行くことには「恥ずかしい」「人に知られたくない」といったマイナスの思考が常に付きまといます。

しかし、他の病気のように「家で大人しく寝ていれば治る」というわけではないのです。人によっては勤め先や自宅などの生活環境を根本から変えなければ治らない場合もありますし、短期のうつ状態であっただけかもしれません。

きちんと専門家である医師に診察してもらい、治療の方針を決定してもらうことがうつ病完治への早道なのです。

うつ病治療の実際の流れ

勇気を出してうつ病治療のために病院を訪れる場合、どのような流れで治療が行われるのかがわかりにくいものです。そのためうつ病治療を取り扱う病院は、一昔前の映画で描かれたような閉鎖的なイメージで語られることが多いといえます。

では、鬱病の治療はどのような雰囲気の院内で、どのような流れで行われているのでしょうか。

うつ病を扱う診療科

うつ病などの心の病は、主に「精神科」「神経科」「心療内科」などの診療科で扱われています。精神科と神経科は同じ意味で使われることが多いため、「精神・神経科」と言うように一纏めになった診療科名になっている場合があります。

また、精神科を言い換えた「メンタルクリニック」という呼び方も普及してきています。

診察を行うことの意味

鬱病の治療において、医師と対面しての診察が強い重要性をもっています。うつ病の症状は他の病気の症状と重複しているものがあるため、正しく見極める必要があるからです。

だからこそ、専門的な知識と経験を持っている医者の診察を受けて、適正な治療方針を決定する必要があります。

診察後の流れ

病院で診察を受け、うつ病と認定された後は治療法の選択を行い抗うつ剤などの必要な薬が処方されます。

この時、入院して集中的に治療するかスケジュールを決めて通院しながら治すかといった治療の方向性を決定します。

抗うつ剤の使用を控えたい人や通勤しながら治療を続けたい人など、患者それぞれの希望に合わせて治療方法やスケジュールを設定してくれることが病院での治療の最大のメリットと言えます。