家族・鬱病

家族の誰かが病気になった時は、家族一丸となって治療の手助けのためのサポートに専念していきます。うつ病の場合も同じく、完治まで患者になった家族をみんなで支えていく必要があります。
うつ病患者の家族は、どのような点に注意して対処していけばいいのでしょうか?
家族としての接し方について解説します。

家族がうつ病になった時のための支え方指南

うつ病を患った場合、長期間の治療を余儀なくされます。完治までの長い期間、患者を支えてくれる家族の存在がとても大きなものになります。

しかし、家族が鬱病に対して無理解や偏見を持っていた場合、患者の病状は悪化して最悪の結果を招くことにもなります。家族はどのような対応でうつ病を患った人を支えるべきなのでしょうか。

むやみな言動を慎む

うつ病の治療を支援する場合「がんばれ」「甘えてるんじゃないの」といった激励や叱責の言葉を掛けないようにするのが基本です。

うつ病を患っていると、自分に対して投げかけられる言葉が自分を責めているように感じられ、「周囲の期待や要求に応えられない自分は駄目な人間だ」と言うように気持ちがさらに落ち込んでしまうのです。気持ちが落ち込むことはうつ病のタブーで、病状をより一層進行させてしまう恐れがあります。

上から目線は禁物

うつ病でなくても、上から目線で接してくるのは病人にとって不快なものです。どういう訳かはわかりませんが、病人に対して知ったかぶりの医学知識で「〜してあげる」と言うような恩着せがましい態度で迫る人は確実に存在しています。

少しでも良識や良心があるのであれば、このような上から目線は控えるべきでしょう。不必要なストレスを患者に与えることになります。

近すぎず、突き放しすぎず

うつ病を患っている人にとって、「家族が自分を心配すること」も「家族が自分を責めること」も同じ位に強いストレス源になっていると言えます。患者に負担を掛けすぎないように、付かず離れずの距離感を保ち見守ることが肝心です。

通院の際には同伴して行き来をしやすくする、調理・洗濯・掃除などの家事は割り当てないなど、患者に負担を掛けないよう、安心させることを心がけましょう。

決断や考慮を迫らない

うつ病を患うと記憶力や計算力、決断力などが低下します。なので、うつ病患者に何かを考えさせたり決めさせたりすることはあまり好ましいとはいえません。治療の過程で症状が軽快してきたとしても、決断で悩ませないように家族が要件を吟味して選択肢を絞りこむようにしましょう。

休養が一番の薬

うつ病はストレスが原因で起きるからと、患者に運動を無理やり勧めさせる家族も少なくありません。

確かに運動はストレス解消に効果がありますが、予防策としてならば有効なのです。うつ病の治療で運動療法を行なうこともありますが、家族は大抵の場合素人なので競技スポーツなどの長時間の運動を強要するものです。無理をさせれば症状が進行してしまうので、出来るだけゆっくりと休ませるようにしましょう。

処方された薬は邪魔せず飲ませる

うつ病治療において処方される薬は、病状に合わせて完治するように選ばれたものです。しかし、家族には精神病に処方される薬は「胡散臭い、依存性のある体に良くないもの」と見做されていることが少なくありません。

しかし、どんな病気の薬でも副作用はあるものですし、患者の健康を害さないように綿密に選ばれているものです。完治を望むのであれば、薬の服用を勝手に止めさせないように心がけることが大事です。

家族や周りの人ができることについて、さらに詳しく読みたい