うつ病・接し方

ストレスが原因で発症したうつ病は、対人関係が治療の進展に大きく関わっていきます。対人関係がストレス源になるのか、治療の為の優しい揺りかごになるのかで完治までの時間や症状の進行に変化が出てくるからです。
どのような接し方が、うつ病患者のためになるのかについて紹介していきます。

うつ病を悪化させない、正しい接し方とは何か?

人付き合いというものは非常に困難で多大なストレスを感じるものです。「あちらを立てればこちらが立たぬ」と、千差万別の個性を擦り合わせて諍いが起こらぬように駆け回って収拾を付ける人間関係の煩わしさは筆舌に尽くしがたいほどです。そんなストレスの積み重ねでうつ病を患った人に対して、どのように接するべきなのでしょうか。

負担を掛けないのが基本

うつ病はストレスが蓄積された結果として発病する場合があるため、ストレスの元となる負担の掛けすぎは避けるべきといえます。

序列を付けなければいけない結婚式の席次順などの人間関係の調整、職場での信頼関係や重い責任が伴う大仕事といった強いプレッシャーを患者に掛けるような仕事を割り振ることは控えるようにしましょう。

自分の考えを押し付けない

「他人の考えはもっともだが、自分の考えが一番正しい」という考え方をしている人と言うものは以外に少なくありません。こういった考えの押し付けは、多大な負担となるものです。

判断力などが鈍っているうつ病患者にしてみれば「彼の行っていることは正しいかもしれない、だけど本当にそうなのだろうか」と余計な悩みを抱えることになり症状の進行を助長してしまいます。

薬の服用を止めない

うつ病患者の家族や周囲の人は、抗うつ薬の服用を止めたがる習性があると言えます。「心に作用する薬は良くない薬」という考え方のためか、薬の服用で症状が軽快してきたら「もう飲むのをやめなさい」と本来の服用スケジュールを阻害し、薬の服用を止めさせてしまうことが多々あります。

うつ病の場合、症状が軽快しても再発して悪化する恐れが少なくないので、きちんと薬を服用して完治したと認められるまで邪魔をするべきではないのです。

相手の話を真剣に聞く

コミュニケーションは意思伝達だけでなく、心の中に溜まっているもやもやした感情や鬱憤の発散の役目も持っています。

友人との会話を好んで行う人は、知らず知らずのうちにストレスのガス抜きを行っていると言えます。

うつ病の人は鬱憤が溜まっても誰かに話さず自分の中に溜め込んでしまう事が多いといえます。だからこそ、相槌を打つだけでなく労わりの言葉も交えて、真剣な姿勢で話を聞くようにしましょう。

問題解決の手助けをする

うつ病を患っていると、判断力や思考力が鈍くなり頭に霞が掛かったような状態になります。そうなると、仕事上での重大な判断から昼食のメニューまでの決定に関わる事が難しくなってしまいます。

だからこそ、周囲の人は「決定させる」のではなく「既に出ている答えに誘導させる」ように、相手の答えを聞きながら再確認させるように対話を続ける努力をしましょう。

家族や周りの人ができることについて、さらに詳しく読みたい