摂食障害

食べることは眠ることと同じくらいに健康を維持する上で重要な行為であるといえます。 しかし、食事には体型や消化能力に左右される適正な摂取量があります。この食事の適正摂取量に見合わない量の食事を取るようになる病が摂食障害なのです。摂食障害の種類や原因、治療法などについて解説します。

過食・拒食の摂食障害は何故起こるのか

食事は身体を作り維持する為に必要なものであると同時に、人生の楽しみの一つでもあります。しかし、食欲に大きく影響する摂食障害によって食べることを楽しめなくなっている人も少なくありません。

摂食障害とは何か?

摂食障害は、食事を摂る量に著しい増減が見られる精神疾患です。

唾液の分泌量が減少して飲み込みにくくなる嚥下障害など、身体の機能を原因として起こる摂食障害もあるため、「中枢性摂食異常症」とも呼ばれます。

摂食障害は大きく分けて、食べる量が極端に増える「過食症」と、食事の量・回数が極端に減少する「拒食症」があります。

過食症

過食症は「神経性大食症」とも呼ばれ、食べる量が極端に増加する摂食障害です。過食症を患っている人は、食べた後に嘔吐して胃を空にしようとする習性を見せることがあります。このような習性を「過食嘔吐」と言います。

過食嘔吐に限らず、過食症の人は下剤などを使って食べた分だけ出そうとする為、体調を崩して痩せてしまうケースが少なくありません。また、食べたものを飲み込まず吐き出す「チューイング」という行為も過食症に分類されます。

拒食症

拒食症は「神経性無食欲症」といい、過食症の逆で食べたくても「食べてはいけない」食欲を強く抑制して絶食しようとする摂食障害です。

拒食症を患っているとうつ病などの精神疾患を併発することがあり、絶食による栄養不足もあって極度の体調不良を引き起こしやすくなってしまいます。拒食症は過食症を併発する場合があり、心臓に強い負担を掛けてしまうことがあります。

摂食障害の原因

中枢性摂食異常症と呼ばれる摂食障害は精神疾患に分類されているように、心理的な要因が原因となっておこります。

要因としては「過剰なダイエット」「恐怖心からの代償行動」「ストレス発散」などが挙げられます。

特にダイエットが原因となる場合「痩せている=美しい」という考えが強迫観念になっていて、命が危険に晒されるほどの体重減少が起こっても「もっと痩せなきゃ」と考えてしまうケースが見られます。

また、幼少期を親や周囲の大人からの愛情を感じられない環境で過ごすと、脳の視床下部にある食欲中枢の発達が遅れて摂食障害の原因になるケースもあるようです。

治療について

摂食障害を治療・改善する為には、原因となっている心理的な要因を探り当て適切な対処を取る必要があります。

この場合の適切な対処とは、心理療法士によるカウンセリングを通してのセラピーのことで、ダイエットへの強迫観念や不安感などの要因を解消していきます。抑うつ傾向が見られる場合は、抗うつ薬や抗不安薬を処方して対処します。