症状

精神疾患であるうつ病は精神面に様々な症状を引き起こし、日常生活を困難なものにします。しかし、かといって身体に何の影響も及ぼさないと言うわけではないのです。
うつ病によって起こる身体への症状は、精神面の症状と同じくらいに日常生活に支障をきたすものばかりなのです。

うつ病と関連する身体の症状とは

病気と言うものは、身体や精神に様々な症状をもたらすものです。うつ病もその例外ではなく、抑うつ状態を主訴とする精神面の症状と様々な形で現れる肉体面の症状に分かれます。どのような症状がうつ病の肉体面の症状として現れるのでしょうか。

うつ病の身体症状

うつ病は「精神面だけに対して症状を現す病気」と考えられていますが、実際には肉体面の症状である「身体症状」もあらわれるものです。

主な身体症状としては不眠・食欲不振・倦怠感などの精神的な原因のもの、頭痛・動悸・肩こりなどのありふれた症状などが挙げられます。うつ病は精神面の症状だけがクローズアップされますが、実は身体症状も相当に辛いものなのです。

話題の「仮面うつ病」とは?

近年のうつ病の増加傾向と共に注目されているのが「仮面うつ病」です。仮面うつ病は本来のうつ病のように精神面の症状が見られず、身体症状だけが出るという性質を持っています。

そのため謎の頭痛や肩こりに悩まされて医者に掛かっても原因が特定されないこともしばしばです。医師によっては「思い過ごし」「医者に掛かるほどのものではない」と判断され、治療を受けられず悪化してしまうことさえあります。

身体症状は何故起こるのか?

うつ病の精神面の症状は、メラトニンやノルアドレナリンなどの脳内伝達物質の不足によって発生していることがわかっています。

では、身体症状は何を原因として起こるのでしょうか。

基本的には精神面での症状に影響される形で身体症状が現れています。例えば動悸は不安感や恐怖感によって起こり、倦怠感は抑うつによる無気力状態の表れ、肩こりはストレスによる身体や間接の緊張状態によるものと言えます。

つまり、うつ病の身体症状は精神面の症状と相関関係にあるものと考えることが出来るのです。

謎の疼痛

うつ病の身体症状として、慢性的な疼痛が見られることがあります。疼痛とは痛みを医学的に表す言葉で「痒みのような痛み、または疼くような感覚」であると言えます。

慢性的な疼痛の原因として考えられているのがうつ病の原因でもあるセロトニンの働きです。セロトニンは「疼痛物質」とも呼ばれ、痛みに関わる性質を持っています。

つまり、セロトニンが本来のセロトニン受容体に流れ込まずに、痛みを伝える為の受容体に流れ込むことで精神のバランスが崩れると同時に慢性疼痛を起こしているのです。

コラム・擬態うつ病について

急増するうつ病患者の中には、「擬態うつ病」と呼ばれるケースが多々見られます。擬態うつ病とは、「自分はうつ病である」と周囲に宣言してうつ病を盾に取って自由気ままに振る舞う行為のことです。

カメレオンなどが外敵から身を守るために周囲に溶け込む「擬態」に准えて命名された擬態うつ病は、医学的に言えば「詐病」に分類されます。

擬態うつ病の患者には、病気を大義名分にして自分のわがままを押し通そうとする症状が見られます。

擬態うつ病とうつ病の見分け方は、他者への攻撃性にあります。うつ病患者の場合、他者との関わりから無言のうちに離れようとするので攻撃性はなく、自分の意思を押し通そうとしないのが最大の特徴です。

関連のある障害・病気について、さらに詳しく読みたい